指定ウェイポイントによる自動飛行、神戸大橋空撮ドローン飛行プラン(仮)

次の日曜日、リベンジいたします。

風が強い場合は、この飛行プランは中止にします。

適当に軽く飛ばして帰ってきます。

神戸大橋の空撮を試みます。

機体は、HUBSAN H216Aを使用します。

ウェイポイントが設定可能で、広角HDカメラが装備されています。

以下の飛行プランを作成、あらかじめ入力しておきます。

各ウェイポイント間を30秒で飛行

各ウェイポイントで指定高度による20秒間のホバリング

約7分の長時間フライトになります。

f:id:tommyoctopas:20180613131827j:plain白抜きの矢印が撮影方向です。

これらをすべて自動飛行させて、ほぼ無操作で帰還できるのか!?

トライだぜ!

 

海上をずーっと飛行するので、失敗すると

回収不能というか

海の藻屑です。

 

HUBSAN H216A(重量200g以下のトイドローン)

僕はアマゾンで15000円で買いましたが

こちらはなんと10000円で買えるみたいです!!(泣

www.surehobby.com

 

個人でドローンの飛行を楽しむ場合の注意点

航空法の規制により、ドローン重量が200g以下でなければなりません。

じゃあ200g以下のトイドローンは、なんでもありかというと

そうではありません!

航空法は知っておく必要があります。

例えば高度150m以上は禁止、人工密集地は禁止、目視範囲内

色んな規制があり、200g以下のトイドローンも規制対象です!

とりあえず

200g以上の本格ドローンは

すげー山奥に行かない限り、日本では事実上、個人でのドローン飛行は禁止です。

たまーに、飛ばしてはる人見かけますけど、それOUTですので 

あと電波法があります。

特定無線設備の技術基準適合証明(通称:技適マーク)

これが貼ってない機器からの電波送出もOUTです。

あと 通常日本国内で許可されてるWifiやドローンの電波帯は2.4GHz帯ですが

機種によっては5.8GHz帯で、映像伝送を行うものがあり、これもOUTです。

2.4GHz帯に再設定してから、映像伝送を行いましょう

上空から違法電波まき散らすと、周辺施設に対して電波障害を引き起こす可能性があります。 

障害物のない、無人で周囲半径最低50m以上は確保できる場所がいいです。

狭いと、飛ばしていても面白くありませんしね

人気の無い穴場の公園とか、時間帯とかによって飛ばせる場所とか

でも、案外そんな場所って少ないんですよね