ほんと辛いニュースが、ずっと繰り返されていて

人間の愛情というものが、どうやって育まれていくのものか

家族の中で育まれるとするならば

その親も子供の時に愛され育まれた家族があって

そしてその家族も、子供がまた親となり、愛情が育まれ

無限の繋がりとなって、家族愛は継承されるとして

どこで狂ってしまうものなのか、様々な要因があるとして

愛情を受けれなかった親は、反面教師的に自ら希望を見出すならば

社会が愛情とういうものを示す限り

それを糧に自分なりの愛情を育むたい、自分への救いでもあるでしょうし

少なからず愛情を学べなかった人たちがいてしまう悲しかなこんな世の中でも

社会が愛情とういうものを示す限りにおいては、そういった世の中である限りは

愛情を育もうとする人と社会である限りは、必ず出会えるはずなのだから

生きてさえいれば、学べなかった愛情も、いつか当たり前のように感じる事ができて

その愛情によって、すべて救われる時がくる

生きてさえいれば、生きてさえいれば...なのに

それが悔やまれて仕方ないのです。

亡くなり方が受け止めようのない遣る瀬無いニュースが

ずっと繰り返されていて

心の中で泣いている涙が、本当に、こぼれてきそうで

あのひらがなのノートは、ほんと辛いですわ

では